スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの情報を入力しても大丈夫?

オンラインカジノでの、クレジットカードの利用はとてもポピュラーです。
どこのカジノも、必ずと言っていいほどクレジットカードでの入金を受け付けています。以前は、悪質なオンラインカジノで、クレジットカード情報の流出などということもありましたが、最近は、そうした悪質な会社と優良な会社がはっきりしてきています。

 このWin&Loseでもそうですが、オンラインカジノの情報サイトでは、こうした安心できるカジノの紹介に力を入れています。

 実際、クレジットカードの情報流出などと言うことが発生したら、その瞬間にそのカジノは営業できなくなるでしょう。カジノの業務自体は相当に利益を得られるビジネスです。クレジットカード情報の横流しや流出から受けるダメージのほうが、大きいですし犯罪になるかもしれませんね。ビジネスとしてきちんとした営業を続けたほうが儲かるビジネスですから、このような事件が起こらないほうがあたりまえなのです。
 もっとも、クレジットカードは、その発行者である銀行や企業がネットカジノでは決済できないように規制をしていて、使えるカードが少なくなっています。そのほうが問題で、オンラインカジノを楽しみたいと思っても楽しめない人が多くなっていますよね。

 万が一、クレジットカードの不正使用がオンラインカジノで行われたということがありましたら、是非Win&Loseのタレコミ投稿板に登校してください。その際は、どこのオンラインカジノで、いつ、どんな状況でといったことをお忘れなく。
スポンサーサイト

プログラムで客は必ず負けますか?

プログラムで、勝負が運ばれることを考えると、どうしてもこの疑問はついて回りますね。ただ、オンラインカジノのビジネスとしての前提は、このプログラムに不正の入る余地がないことです。
 そのために、有名なプログラムはそれぞれいろいろな監査を受けていることを念入りにうたっています。それでも、やはり不正の入り込む余地のある無名のプログラムを使った、怪しい会社もいくつも存在しています。
 現在、世界的に評価をされているプログラムはクリプトロジック、マイクロゲーミング、プレイテック、ボスメディア、ランダムロジック、グランドバーチャル、ギャンブリングフェデレーション、ジブラルタルといったあたりでしょうか。

 よく、ライセンスやなんとか協会の認定などというもので公正さを判断しようとする情報サイトもありますが、私は結局は実績だと思います。
 そこで、実績のもっとも客観的に正しいだろうと判断できるものが監査法人などによるペイアウト率の公表と、実際の利用者の意見交換の掲示板などでの意見ではないかと思います。
 アングラカジノやラスベガスなどで遊んだことのある人ならわかると思いますが、勝てることは少なくないですか? ところが気持ちの中に「これはコンピューターが操作している」と思うことで、負けると「やっぱりな!」などと思ってしまいます。

 もしも、ソフトウェアで操作ができてしまい、絶対に客が勝たないプログラムを使っていたら、すぐにばれてしまうのがインターネット時代です。みんなが結果を持ち寄って、意見交換をしてしまうことと、ソフトウェア制作会社のスタッフや、オンラインカジノの社員などが、たった一人でも不正を暴露すれば、莫大な広告費もシステム費用も回収できなくなってしまいます。そういう客観的な事実を考えると、何年もまともに営業されているオンラインカジノのソフトは信頼ができるのではないでしょうか。

 最近はeCOGRAなどの公正なオンラインカジノの認定機関も次第に信頼を得るようになりつつあり、トップ画面にこんなマークがついています。
 この認定期間が頼りになるのかどうかは、まだわかりませんが、今のところ客観的な営業上の認定機関ということですので、そういう指標を重要視する方には、ひとつの目安にはなるのではないでしょうか。

 私の結論としては、有名なカジノプログラムは客観的実績で、すでにその公平さは認められていると考えています。
 ある掲示板では数百万円を勝った人が、カジノ側から不正に勝たれたのではないかと支払いを渋られた記録を公開していました。この人は自分なりに工夫したカウンティング技法を使ってプレイしたところ、通常では有り得ないほど勝ったために、カジノ側が右往左往してしまった結果のようでした。結局支払ってもらったようですが、こうした事件は、プログラムが強制的に客を負かせる不正なものでないことが、逆に証明されていますね。だって、強制的に負かせるプログラムなら、まずそんなにこの人が勝つわけがないのですから。

 この事件はもうひとつの疑問にも解明の糸口を示しているのかもしれません。それは、オンラインカジノもパチスロやパチンコのように、勝ち負けの波をコンピューターがコントロールしていて、勝ちモードではドシドシ出すけれど、回収モードではどうやっても負けるようになっているという仕組みではないかということです。そうだとすると、どんな場合にもこんなケースはありえないわけです。
現に、ペイアウト率は設定で管理できるようですから、まるっきり乱数によってカードゲームのハウスの有利性だけで勝負されているわけではないようです。しかし、先のようなことがあるということは、例えば客の手札に合わせて、必ずハウス側が勝つような手札が出るということでもないようですから、攻略法もありえるのではないかといえます。
パチスロなら、当選モードにならないと、どんなに777で目押ししても、最期のひとつは7で止まらないですよね。


 いかがですか? どう判断されるかは各人の自由ですが、負けたからといって「プログラムが不正に客を負けさせる」と毒づくのはいかがなものかと思います。

ペイアウト率ってなに?

オンラインカジノでよく言われるのがペイアウトの高さですね。でも、これってなんなのでしょう。
これは、「賭けた金額に対して、いくら賞金として払い戻されたか」をしたかを示しています。

例えば、貴方が1回1ドルのゲームを10000回行ったとすると、当然10000ドルを使ったことになります。ところが、ペイアウト率が98%だとすると、賞金はその間に9800ドル出されていることになるわけです。
ペイアウト率が高ければ高いほど、勝つ回数も多いとは言えるかもしれませんね。
でも、この数字に迷わされたらいけません。
ギャンブルの醍醐味は、勝ちを狙いにゆくところにありますよね。ならば、ペイアウト率は意味がないのです。なぜならば、これは必ず貴方が負けることを意味する率で、長くやればやるだけ負けることを示しているだけのことだからです。
逆に、このペイアウト率を逆手にとる方法があります。それは、ペイアウト率が低いカジノを狙うと言うことです。
え? おかしいって? そんなことはありません。ペイアウト率はゲームを行うすべての人のすべてのゲームを対象にして、トータルでいくら遣わせて、いくら払い戻しをしたかですよね。
例えば100万ドル=1億円以上のジャックポットが出ても、このペイアウト率は100%を超えませんよね。超えたのを見たことありますか? 何処のカジノもそんな設定はありえません。つまり、ジャックポットが出る直前は、逆にペイアウト率が低くなっているのではないでしょうか?
大体96%~98%がオンラインカジノのペイアウト率ですね。これは、パチンコやスロット、競馬、競輪、宝くじなどと比べても破格に高い数字です。
でも、実際には勝った場合と負けた場合の差が大きいので、オンラインカジノで勝つのは、他のギャンブルと比べて簡単には感じないのではないでしょうか?
パチンコなどは、毎回2万円持って5回通ったら、1回勝ちました。勝った金額は7万円でした・・・みたいな状況ではないですか?結局は3万円の負け。これはペイアウト率にすると70%ということになりますね。
そう考えると、オンラインカジノのほうが長く楽しめたかどうか、微妙じゃありませんか? そうなんです。オンラインカジノはジャックポットなどの大きな勝ちがつかめないと、実際には発表されているペイアウト率よりも低いペイアウトしか受けていないのです。
ここまでで、私の言いたいことがわかりましたか?

そうです。ねらい目はペイアウト率が例月よりも低くなっているのに、まだ大きな当たりの出ていないオンラインカジノです。
また、プログレッシブジャックポットなどの高額賞金のあるゲームを選ぶことですね。ブラックジャックやバカラ、ルーレットなどは賞金の規模が一定ですので、上手なカウンティング法や必勝マトリックスなどを編み出さない限り、長く遊べても、勝つことは難しいですね。
でも、スロットやビデオポーカーなどのとんでもない金額の賞金があるゲームは、通常ゲームはペイアウト率が公表されているものよりもずいぶんと低く感じても、勝った時にそのパワーが違います。
1000人に1万円ずつ負けてもらっても、たった一人に980万円の賞金を出せば、ペイアウト率は98%になりますよね。その一人になることがねらい目ではないですか?

ペイアウト率は、オンラインカジノのファンなら、必ずみんな気にしています。ですから、カジノ側も毎月低いペイアウト率を発表していたのでは、お客が逃げてしまいます。
例月よりも急にペイアウト率がへこんだら、翌月はねらい目になりますね。
もちろん、これが必勝法というわけではありませんが、ペイアウト率を見て、どう参考にするかと考えた場合、こんな見方もアリなのではないでしょうか。
ほとんどのオンラインカジノで、毎月ペイアウト率は発表されています。オンラインカジノの経営者の気持ちになって、この率を見ていると、思わぬ攻略法を見つけ出すことになるかもしれませんよ。

ペイアウト率は、オンラインカジノの会社によっては、ゲームごとに発表しているところもありますので、参考にして狙いをつけるといいかもしれませんね。
この記事は、私MANIが想定した攻略法の考え方です。論理的におかしい! ペイアウト率を使ったら、こんな攻略が出来るなどのご意見は「タレコミBBS」のほうにどうぞ。

勝った分は日本で現金化できるの?

オンラインカジノをはじめるとき、一番気になることは勝った時に本当に、日本円で現金化できるのかということですね。
 結論から言うと、きちんと現金化できます。ただコレレスと言われている金融機関間の手数料がかかってしまったりしますので、どんなお金の引き出し方がいいか、オンラインカジノファンの皆さんの話題になっていたりします。
 直接日本の銀行の口座に振り込んでくれるところもあれば、小切手か海外の電子マネー口座経由で日本の銀行口座という経路でしか、日本からは引き出せないというカジノもあります。

 カジノの使用しているプログラムは、デザインが違うくらいで、結局は有名ないくつかのプログラムで運営されていますので、日本語でのサポートをしてくれるかということと、この出金が面倒なくできるかで選ぶのがいいのではないでしょうか。
 Win&Loseでは、無駄な比較をいくらしたところで、ある水準以上のオンラインカジノであれば、安心できるし、サービスも大きくは変わらないと考えています。要するに、そういう選別は、こんな情報サイト自信が行うべきで、ただ、安心して安全に、そしてスムーズに楽しめるオンラインカジノはどこなの? という質問への答えを用意するべきだと思っています。

さて、銀行電信送金の問題点は、いくつかあります。
ひとつは、銀行間の送金で中間経由銀行で費用がかかる(コルレス)がかかる場合があり、費用が思った以上に差し引かれる場合もあります。詳しくは取引銀行に聞いてみましょう。
また、税務上、外為法の問題があります。100万円以上の海外への送金や、海外からの持ち込みは申告を必要としているということです。銀行経由だとこれらの作業をきちんとしなければならなくなるでしょう。
法律なのですから、しなければならないことはしなければならないのですが、やはり小切手を送付してもらい、国内の換金業者(リンクセンスやGet2Cash)で換金してもらう方法なら、そんな手間もかけずに大金を換金できる点にメリットを感じてしまいますね。
オンラインカジノの情報サイトの中には、節税と称してこうした換金業者を介すると、記録が残らないから余計な税金を払わなくてもいいなどと書いているところもあるようですが、私は、それは間違っていると思います。
結局は日本にある自分の銀行口座に大金が入ってしまうのですから、税金の対象から逃れることは出来ないでしょうね。

さて、もしも、貴方が億単位の賞金を勝ってしまったとしましょう。どうします?
まともに税金を取られると半分は消えてしまうかもしれません。そんなときには海外に自分の口座を作って、そちらに住民票も移してしまいましょう。まぁ、そんなことを考えるよりも、まず、勝つことを考えましょうね。勝ったら、どうにでもできますので。そのときはメールででもご連絡ください。
数カ国に散っている私の友人知人が、あなたのお手伝いをしてくれると思います。

海外との通信に国際電話料がかかる?

インターネットがここまで普及して、みなさんもその仕組みをよく理解していると思いますので、こんなことをテーマにするのもなんですが、ちょっと前までは、ソフトをダウンロードさせて、電話回線経由で国際電話の高額課金を狙った詐欺のようなエロサイトサービスなんかもありましたから、誤解する人もいるようですので、念のために書かせてもらいました。

オンラインカジノでプレイ中に特別な通信費がかかることはありません。
かかるのは、通常のインターネットの接続料金だけです。
ですから、モデムでの接続でも、光回線での接続でも、ADSLでの接続でも、オンラインカジノは楽しむことが出来ます。あまり遅い通信環境だと問題が起こる可能性はありますけどね。

多くは特別なプログラムをダウンロードして、インストール後にプレイヤー登録して遊ぶのですが、リアルプレーヤー登録しなければ、無料のカジノゲームとして遊べます。
私も、ずいぶんと遊ばせてもらいました。結構勝つのでその気になってしましますね。その辺のところは「お試しゲームのほうが勝ちやすい?」に書いています。

オンラインカジノで、特別な国際電話のような通信費はかからないのですが、夜、1人で遊んでいると、ときどき熱くなって朝までやってしまったりします。ペイアウト率が95%を超えるギャンブルですから、負けてばかりでなく、そこそこ勝ったりするのですよね。最近では億単位の賞金を稼ぐ日本人も出てきていますので、ギャンブル好きな私としては、燃えてしまうわけです。
すると、空調やコンピューターの電気代でちょこっと驚くことがあります。まぁ、それでも月でも数千円程度なのですが・・・・・へへへ。

みなさんも、やり過ぎないように気をつけてくださいね。
RSS
相互リンク


FX投資


ゲームの達人


komomo日記


国内外旅行の総合サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新記事
プロフィール

nitsukei

Author:nitsukei
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
楽天
ランキング
人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DTI
Ranking
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。