スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よ」から始まる用語一覧

ようとへんこう(用途変更)


 競走馬として能力的に不適当と見られたり、故障、疾病などで競走能力を失ったりした馬を、レース以外の用途、例えば誘導馬、乗馬、繁殖牝馬等になること。種牡馬となることも含まれる。言い方を換えれば、競走馬から“引退”して、他の用途につくことともいえる。





よびうま(呼馬)


 サラブレッドの自由購買馬のこと。戦前、「抽せん馬」にたいして使われた言葉で、現在では使われない。戦前のサラブレッドは「抽せん馬」が主流をなし、自由購買馬すなわち「呼馬」はごく少数だった。「呼馬」限定のレースが当時は行われていたが、出走馬はみな格の高いオープン馬であった。





よめ(夜目)


 前膊部(人と比較すれば手首と肘の間)の内面及び飛節の内後面に付着する褐色の塊をいう。学名は附蝉〔ふぜん〕といい、蝉〔せみ〕が木にとまっている姿に似ているところから出たといわれる。馬は元来五指をもつ動物であったのが、現在では中指のみで体を支えている。夜目は拇指〔おやゆび〕が退化した痕跡だともいわれている。その形態、表面の紋様、大きさ等が、ヒトの指紋のように馬ごとにまちまちなので、個体鑑別に用いている国もある。





よれる


 直線で急激に内または外に斜行すること。「ささる」、「ふくれる」はどちらかというと気性的問題とされているのに対し、「よれる」という言葉は、一杯になって脚どりがしっかりしなくなった時に使われる場合が多い。


=斜行

スポンサーサイト

「ら」から始まる用語一覧

らくてつ(落鉄)


 蹄鉄が外れ落ちること。





らくば(落馬)


 レース中、馬がつまずいたり転倒したりして、騎手が落ちてしまうこと。


⇒再騎乗




ラチ(埒)


 各競馬場、各コースの柵のこと。内側の柵を内ラチ、外側の柵を外ラチという。





ラップタイム


 200メートルごとに計測する、スタートからその地点までの所要タイムのこと。「はじめの5ハロン62秒1」といえばスタートから1000メートル地点を通過するまでに62秒1かかったということ。基準となるのはその地点で先頭の馬だから、たとえば1着馬の走破タイムは、ハロンタイムの積み重ねだと思えばよい。


⇒ハロンタイム

「り」から始まる用語一覧

りかがくけんさ(理化学検査)


 競馬に出走した馬の尿またはその他の生体材料から、馬に薬物を不正に投与したかどうかを、物理的、化学的分析法によって検査することをいう。平成15年12月現在、52品目の禁止薬物が定められている。これらの禁止薬物を、公正な第三者的立場に立って検査する機関として、昭和40年に(財)競走馬理化学研究所が設立され、中央競馬、地方競馬双方の理化学検査を行っている。




リップネット


 馬の鼻先にネット上のものを装着することで意識を集中させ、周囲からの影響を減少させることを期待して用いられます。鼻端が隠れてしまうため、到達順位の判定に支障をきたすおそれがあるなどの理由から、JRAでは競走中の使用は認められていません。手作りのため、様々な形状があります。






僚馬(りょうば)


  同じ厩舎に所属する馬のこと。英語では、ステイブルメイト(stablemate)という。

「れ」から始まる用語一覧

レーシングプログラム



 JRAが競馬場などの来場ファンの皆様に配布している公式の出馬表のこと。平成15年から、A4版に変わった。





レース・レーティング


 個々の競走における上位4頭のレーティングの平均値。4頭のクラシフィケーションの数値の平均を特にクラシフィケーション・レーティングと呼び、海外では競走の格を上げ下げする際の基準として用いられている。


⇒レーティング、クラシフィケーション




レースかんかく(間隔)


 出走してから次走までの時間的間隔のこと。普通「中1週」というふうに表わすが、これは1週間の間隔をとるという意味ではなく、実質は2週間の間隔をとることである。なお1週間の間隔をとること、つまり今週走って次週も走ることを「連闘」といい、逆に間隔が大きくあくと、「2ヶ月ぶり」などという言い方をする。





レーティング


 競走馬の能力を指数評価する国際統一基準で、単位はポンド。日本では、重賞競走とオープン競走に出走した全ての競走馬に付与される。通称「SMILE」(スマイル)と呼ばれる競走距離を示す記号とセットになっており、その距離区分の競走で獲得した数値であることを示す。


⇒レース・レーティング、クラシフィケーション




レコード


 競馬に関しては特に走破タイムの新記録をさす場合が多い。これをレコードタイムといい、その競馬場でのレコードをコースレコード、中央競馬における全国の競馬場のコースレコードの中で一番速いものを中央競馬レコードという。あまり一般的ではないが、この他に「売得金レコード」「入場人員レコード」などの各種レコードもある。





れってい(裂蹄)


 蹄病の一種で、蹄壁が割れ亀裂が入ったものをいう。冬期の乾燥時に発症しやすいので常日頃から、蹄油をぬるなどの予防策がとられている。一旦発症すれば悪化防止のためそれぞれに合った装蹄療法を行ない、蹄質を高める塗布剤を塗り、また、内科療法を併せて施すこともある。重症の場合は、蹄が伸びるまで休養を余儀なくされることも多い。(参考・蹄は一ヶ月に8~10ミリしか伸びない。)





れんしょうたんしき(連勝単式)


 連勝複式がウラ目も的中するのに対して、連勝単式は着順どおり的中させるもの。JRAでは昭和44年の福島競馬を最後に姿を消したが、平成14年に再び導入された。この勝馬投票券は、馬番号で2頭を指定し、その2頭が1着、2着の着順通りとなれば的中となる。





れんしょうふくしき(連勝複式)


 枠連・馬連では1着と2着に入着した馬を、ワイドでは1着と2着・1着と3着・2着と3着に入着した馬を、3連複では1着と2着と3着に入着した馬を、その入着順位にかかわらず1組としたものを勝ち馬とする投票法をいう。





れんとう(連闘)





⇒レース間隔

「る」から始まる用語一覧

⇒アルファルファ

CR忍者ハットリくん・からくり屋敷に来たでござる!の巻

大一商会(DAIICHI)からパチンコ台"CR忍者ハットリくん・からくり屋敷に来たでござる!の巻"が新台で登場。CR忍者ハットリくん・からくり屋敷に来たでござる!の巻は2003年に発売された同社製CR忍者ハットリくんの後継機にあたり、前作で好評だった演出を継承。盤面には迫力満点のでか手裏剣役物などを搭載しており、ゲーム中はハットリくんが各種予告演出・リーチアクションで大活躍する。
 CR忍者ハットリくん・からくり屋敷に来たでござる!の巻ではモード移行システムを搭載。ゲーム中はツバメちゃんリーチか獅子丸リーチハズレから忍忍チャンスへ移行。忍忍チャンスではくす玉を割ってポイントを獲得する発展系演出が繰り広げられ、確変や大当たりの期待度がアップする。また盤面上には様々な役物を搭載。でか手裏剣やからくり歯車、からくり天井などの役物が搭載されており、ゲーム中は役物が可動、フラッシュするなど、役物と液晶演出が連動して大当たりの期待度がアップする。
 ほかにも保留の先読み予告や擬似連予告、チャンスボタンを使用するプレイヤー参加型演出など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、スーパーリーチハズレから復活する忍法巻き戻しなど、多彩なリーチアクションが用意されている。からくり要素溢れる演出や多彩なプレミア演出など、CR忍者ハットリクン・からくり屋敷に来たでござる!の巻は原作アニメのファンには見逃せない内容のパチンコ機になっている。

「と」から始まる用語一覧



トータリゼータオッズボード


 各窓口に設置された発売機、払戻し機、表示装置や、コンピューターが組み合わされた、勝馬投票方式のシステムを総称して、トータリゼータシステムと呼んでいる。
 現在設置されているトータリゼータシステムでは、勝馬投票券の発売と払戻しを大型コンピューターで一括処理を行なっており、さらに発売票数の集計値などの情報を、即時に自動的に処理する。この刻々と変動する発売票数に応じた概算配当率(オッズ)は、一定の時間間隔をおいて、表示装置に表示される。
 トータリゼータオッズボードとは、この発売票数、概算配当率や払戻金等の情報を表示する競馬場の中の屋外表示装置のことである。
 トータリゼータシステムが導入される昭和41年以前はトータライザーといって、集計された売上高を人為的に電動表示板に掲示していた。さらにその前は、黒板に勝馬投票の売上高を掲示する方法しか取れなかった。





とうめいはんとうめん(透明半頭面)


 馬の眼を透明な樹脂製のカップで覆ったものです。眼疾病の予防のほか、失明している馬や砂などの異物が眼にかかるのを嫌う馬に対して、眼の保護のため用いられます。カップの中が曇り、視界が遮られることがあるため、JRAでは競走中の両眼への装着は認められていません。






とうらく(頭絡)


 馬の頭から顎〔あご〕、頬、鼻の上、そしてうなじにわたって、細い幅の革でできた馬具で、’はみ’を吊って馬の口の内に入れ、適当な位置を保たせるために使用する。また同時に、馬を取り扱う場合の補助の役目もする。





とくはい(特配)





⇒特払い




とくばら(特払)い


 式別毎に勝馬投票の的中者がいない場合には、競馬法第8条の規定により、その式別に投票した購入者全員に対して、特払いとして100円につき70円の払い戻しを行うことをいう。なお戦前、払い戻しが最高200円に制限されていた当時、余分の配当金を不的中馬券に対して分配したが、これを特別配当(特配)といった。





とくべつきょうそう(特別競走)


 一般競走と違って、特別登録を必要とする競走。特別競走には、現在の中央競馬ではすべてレース名がつけられている。また重賞競走も特別競走のなかに含まれる。
 なお、特別競走のレース名の由来や解説については、「特別競走名解説」でご覧いただけます。
 また、特別競走の登録馬は、「競馬メニュー」の「特別競走登録馬」でご確認いただけます。





とちくりげ(栃栗毛)


 被毛は黒味がかった黄褐色から黒味の非常に濃いものまであるが黒色にはならない。長毛は被毛より濃いものから、白色に近いものまである。





とっけん(特券)


 勝馬投票券の1000円券のこと。






とも


 馬体を大きく2つに分けて前躯〔ぜんく〕、後躯〔こうく〕と呼ぶが、その後躯のうちの腰部、臀部、後肢のこと。





トラックマン


 美浦・栗東の両トレーニング・センターで、取材をしている競馬予想専門紙の記者のこと。その仕事の内容としては、早朝より、調教スタンドから追い切りを見て調教タイムを計測したり、その調教内容を伝える「取材班」と、関係者のコメントを得るためにきゅう舎を駆け回り、その週の出走予定馬の調子を取材したりする「想定班」の2つに分けられる。早朝勤務で、且つ競馬開催に伴う出張が多く、多忙な毎日を送っている。





トレーニング・センター


 競走馬を1ヶ所に集めて合理的に調教する場所で、昭和44年に滋賀県の栗東町に完成して、それまで京都競馬場、阪神競馬場、中京競馬場に分散していた関西に登録のあった全馬が集結した。 関東では、昭和53年に茨城県の美浦村に完成し、それまで東京競馬場、中山競馬場、中山競馬場白井分場に分散していた関東登録馬全部が移され、これで、中央競馬に登録されている馬は、すべてこの2つのトレーニング・センターいずれかの所属ということになった。


美浦トレーニング・センター
_

栗東トレーニング・センター




トロット





⇒速歩(はやあし)

「て」から始まる用語一覧


ていさふらん(蹄叉腐爛)


 蹄底の蹄叉の凹部につまった汚物が原因で蹄底が腐食し、悪臭をはなつ病気であり、重症になると跛行を呈する。原因は厩舎や放牧場の不潔、蹄の手入不足等であり、何よりも予防が肝心である。





ていてつ(蹄鉄)


 馬の蹄(蹄負面)に打ち付ける金属で作製したものを言い、かつては、調教用と競走用とに区分され、調教時には鉄および軽合金材から造られた蹄鉄を使用し、競走時には、競走ニウム蹄鉄といわれる競走専用蹄鉄に打替(交換)されていたが、打替を頻繁に行うと蹄が傷むなどの不利があった。そこで、調教時および競走時の両方に使用できる兼用蹄鉄が開発された。これは、アルミニウム合金材から造られ競走前後の打替を必要としない。現在ではほぼ100%の競走馬が使用している。







ティモシー


 多年生のイネ科牧草で、耐寒性が強く馬の嗜好性も非常に良いため日本でも多く栽培されている。 草丈は80~110cmで穂は円筒形で、5~12cmとなる。





ていようえん(蹄葉炎)


 馬の蹄の内部は血管が発達しているが、体重が重いこと、心臓から遠い体の末端に位置することなどから心臓のポンプ作用をもってしても血液が充分に行きとどかない。これを補っているのが蹄機(歩行の際、蹄の負重免重が繰り返され、一種のポンプとして動き、血行を促進する)であるが、肢に故障を発症し、動けずに他の肢で長時間負重し続けると、蹄の内部の血液循環が阻害され、蹄の内部に炎症が起こり激しい疼痛を発する。これが蹄葉炎である。馬は体重が重いため、病勢の進行を止めることは難しく、重症にいたると予後不良となることが多い。





て(手)がわり


 レースで、それまで騎乗していた騎手から他の騎手に乗り替わること。





テキ


 競馬社会にのみ使われている隠語のひとつで調教師のこと。騎手やきゅう務員等が自分の調教師のことを「うちのテキが」などというように使う。語源は、調教師には元騎手が多く、騎手をひっくり返してひらがな読みをした(手・騎)ところからきた、といわれている。





デッパ


 発馬のこと。ゲートの出が悪い馬を「デッパが悪い」などという。





てっぽう(鉄砲)


 比較的長期の休養明けでレースに使うこと。このような場合にレースに使うことを「鉄砲使い」、また鉄砲使いでレースで好走するような馬を、「鉄砲の利く馬」という。





てまえ(手前)


 馬が走るとき、右前肢を左前肢より常に前に出して走ることを右手前という。これは後肢を大きく踏み込んで大地を蹴るための推進作用からくる歩法で、左前肢の場合も同じ。それでは馬は右利きなのか、左利きなのだろうか。普通はどちらでもこなすのだが、なかには先天的に“右利き”とか“左利き”という馬もいる。ただいえることは、動物は大体心臓がからだの左側についているので、左利き、左手前で走る方が自然のようである。人間の陸上競技のトラックが左回りということもこれを裏書きしている。競馬ではアメリカのコースは左回り。日本では右回りが多い。ヨーロッパでは左右ほどほどになっている。
 4肢のいずれかに慢性の故障のある馬は、はっきり、右、左のどちらかの手前を苦にするようである。





で(出)ムチ


 「出ムチをくれる」といい、最初のダッシュがにぶい馬に対して、あるいはどうしても先行したいときに、スタート直後からムチを使って気合いをつけること。





テン


 最初、真っ先の意。テンの半マイル、テンに追う、など。また、テン乗りというのは、その馬に騎手が初めて騎乗することをいう。





てんぐやま(天狗山)


 調教師が調教を監視する場所のこと。自厩舎の自慢話をすることから、天狗山、の名がついたといわれている。





てんじんの(天神乗)り


 騎手の乗り方のひとつで、モンキー乗りと対比して呼ばれることが多い。アブミを長く持ち背筋を伸ばして馬の背と垂直にまたがった騎乗スタイルとなる。モンキー乗りは騎手の体重が馬の背の前方にかかるが、天神乗りは背中に直接かかるので、馬の負担が大きくスピードが出にくい。昭和33年に保田隆芳騎手がアメリカに遠征し、帰国してモンキー乗りを導入するまでは日本の競馬はこの天神乗りが主流を占めていた。





でんぴん(伝貧)


 馬伝染性貧血の略語であり、馬特有の法定伝染病である。ウィルスによって感染する。典型的な症状は40℃前後の高熱を出し、2~4日後には平熱に戻るが、この状態を繰り返す(回帰熱)。通常、感染した馬は次第に貧血し、痩せていく。感染が判明すると、法の定めにより安楽死の処置がとられる。競馬の円滑な施行を図るため、自衛の見地から中央競馬会では年2回、全在厩馬を対象とした検査(定期検査)を行ない、また、施設外から入厩する馬は、その都度検査(入厩検疫)を実施して防禦に努めている。





でんわとうひょう(電話投票)


 遠隔地の競馬ファンへのサービス、発売窓口の混雑緩和等を目的として、昭和49年2月から電話投票制度を実施している。JRAとこの制度に関する契約を結んだ会員(個人に限る)が、電話で勝馬投票を申し込み、購入代金の支払いや払戻金等の受け取りを会員の銀行預金口座を通じて、自動的に行うようにするもの。現在、電話投票制度にはA-PAT会員とARS会員の2種類がある。A-PAT会員は(1)パソコンや携帯電話のインターネットを利用するIPAT方式、(2)プッシュホン操作によるARS方式、(3)専用端末機を利用するPAT方式 のいずれかの方式を利用できる。ARS会員は、ARS方式のみの利用となる。

「つ」から始まる用語一覧

つきげ(月毛)


 馬の毛色の種類で国内では北海道和種によく見られる。被毛はクリーム色から淡い黄白色のものまであり、長毛は被毛と同色から白色に近いものまである。米国から乗馬として輸入されているパロミノもこの毛色に属する。






つよめ(強目)


 実戦同様に仕掛け気味に調教する状態。





ツルくび(頸)


 パドックなどで歩いているとき、長い頸をツルのように曲げている状態をいう。レースが間近に迫っていることを察知し、神経をたかぶらせている馬によく見かける。一見、気合に満ち溢れ、いかにも走りそうな印象を与えるが、競走能力とは関係はなく、馬の気性の現われとみるべきである。

CR南国育ち

平和(HEIWA)からパチンコ台"CR南国育ち"が新台で登場。CR南国育ちはオリンピア製パチスロ南国育ち(なんごくそだち)のパチンコ版にあたり、歴代の南国シリーズで好評だった演出をパチンコに移植。南国育ちの代名詞ともいえるパトランプと蝶々を役物として盤面上に搭載しており、ゲーム中は南国シリーズのパネルに描かれたアニメキャラクターの美女たちが大活躍する。
 CR南国育ちのゲーム中の最大のポイントは南国チャンス。南国チャンスには初当たり後に突入。南国チャンス中は8回転電チューサポートが続き、8回転中に蝶が飛べば大当たりが確定。その後は超蝶モードへと移行し、高確率で大当たりが継続していく。またモード移行システムを搭載しており、ゲーム中は2R確変や小当たりを契機にトロピカルナイトモードやサンセットモードへ移行。それぞれのモードで異なった発展系演出が繰り広げられ、確変や大当たりの期待度がアップする。
 さらに盤面上にはドデカパトランプや蝶々の役物を搭載。ゲーム中は役物が可動、パトランプがフラッシュするなど、役物と液晶演出が連動して大当たりの期待度がアップする。ほかにもプレミアムで登場するグラビアアイドルの秋山莉奈や激アツの蝶群予告など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、ダイビングやパラシュートのスーパーリーチなど、多彩なリーチアクションが用意されている。
 本機には大当たり確率や確変割合の異なるラインナップも用意されており、プレイヤーは好みによってプレイする機種を選択することができる。パトランプや多彩なプレミア演出など、CR南国育ちはパチスロ版のファンには見逃せない内容のパチンコ機になっている。

「つ」から始まる用語一覧



つきげ(月毛)


 馬の毛色の種類で国内では北海道和種によく見られる。被毛はクリーム色から淡い黄白色のものまであり、長毛は被毛と同色から白色に近いものまである。米国から乗馬として輸入されているパロミノもこの毛色に属する。





つよめ(強目)


 実戦同様に仕掛け気味に調教する状態。





ツルくび(頸)


 パドックなどで歩いているとき、長い頸をツルのように曲げている状態をいう。レースが間近に迫っていることを察知し、神経をたかぶらせている馬によく見かける。一見、気合に満ち溢れ、いかにも走りそうな印象を与えるが、競走能力とは関係はなく、馬の気性の現われとみるべきである。

「ち」から始まる用語一覧


チークピーシーズ(Cheek Pieces)


 フルネームでシープスキン・チークピーシーズと言います。頭絡の頬革にボア状のものを装着したもので、左右を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられます。





ちほうあ(地方上)がり


 地方競馬から中央競馬に転籍してきた馬のこと。





ちほうけいば(地方競馬)


 地方競馬の歴史は戦前にさかのぼるが、よって立つ法律(競馬法=昭和23年制定)の公布以降、現在の開催形態が確立された。施行者は「都道府県及び指定市町村(特別区を含む)」であり、馬主と馬の登録および騎手の免許は「地方競馬全国協会」が行なう。平成19年4月現在の競馬開催場は次の20場。

<北海道> 帯広競馬場 旭川競馬場 札幌競馬場 門別競馬場
<東北> 盛岡競馬場 水沢競馬場
<関東> 浦和競馬場 船橋競馬場 大井競馬場 川崎競馬場
<北陸・東海> 金沢競馬場 笠松競馬場 名古屋競馬場 中京競馬場
<近畿> 園田競馬場 姫路競馬場
<中国・四国> 福山競馬場 高知競馬場
<九州> 佐賀競馬場 荒尾競馬場






ちほうけいばぜんこくきょうかい(地方競馬全国協会)


 都道府県あるいは指定市町村の行なう競馬を地方競馬というが、その公正かつ円滑な実施の推進を図るための協会。主な業務は、馬主および馬の登録、騎手の養成、訓練、免許交付審判員その他の地方競馬の実施に関する事務を行なう者の養成、訓練、派遣などである。日本中央競馬会が中央競馬を主催できるのに対し、地方競馬全国協会には主催権がない。

地方競馬全国協会が主催する公式サイト
http://www.keiba.go.jp/





ちゃくさ(着差)


 先に入線した馬の鼻先(鼻端)と次に入線した馬の鼻先(鼻端)の間隔。ハナ、アタマ、クビ、それ以上は馬身を単位に表示するが、10馬身を超える場合は「大差」と表示する。





ちゃくじゅん(着順)


 ゴールへの到達順位。これは馬の鼻先(鼻端)が基準となっており、足などが先に出ても順位には関係ない。





ちゃくじゅんへんこう(着順変更)


 失格になった馬がいた場合、その馬の着順を取り消し、また、降着になった馬がいた場合は着順を変更して、順次着順を繰り上げること。





ちゅうおうけいば(中央競馬)


 日本中央競馬会が施行者となって開催する競馬のこと。施行者は騎手と調教師に免許を与え、馬と馬主を登録する。開催競馬場は12場あるが、現在横浜、宮崎を除く札幌、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉の10場で開催が行なわれている。年間の競走施行日数は最大で36開催、288日である。





ちゅうおうけいば(中央競馬)メモリアルホール


 昭和59年12月に顕彰馬選考委員会において選ばれた名馬の功績を称えるために同60年11月2日、東京競馬場レストハウス2階に開設されたホールで、顕彰馬の絵や彫刻、表彰状などの展示といった顕彰馬を称えるスペースの他に、過去の重賞を放映するビデオや競馬をやさしく解説するビデオなどが備えられている。


⇒顕彰馬




ちゅう(抽)せんば(馬)


 中央競馬会が各生産地で開催される軽種馬の市場で購買し、抽せんによって均一価格で馬主に売却、配布した競走馬のこと。
 競走馬の資源確保と新規馬主の開拓などの目的のため行われてきた日本独特の制度。この制度は見直しが進み平成15年からは、名称が「JRA育成馬」に変更となり、平成15年売却馬からは馬名に付記される(抽)の表記もなくなった。





ちょうきぶんり(調騎分離)


 調教師と騎手の免許をはっきりと分けること。昭和12年の「日本競馬会」設立以前の「競馬倶楽部」時代は、騎手という名称のみが登録されており、騎手になればきゅう舎をかまえ調教師の仕事を行なうことができた。これを日本競馬会設立を機に改め、調教師と騎手の免許を別々にする調騎分離が行なわれるようになったが、まだこの当時はあいまいな部分が多々あり、明確に分離されるようになったのは戦後になってからである。





ちょうきょうていし(調教停止)


 調教師に対する処分の一種。競馬施行規程第145条、第146条、及び第147条に規定されている。この処分を受けると、調教停止期間中は調教師業務ができなくなる。競馬に係わる重大な違反行為がその対象として定められている。





ちょうせい(調整)ルーム


 各競馬場、栗東、美浦両トレーニング・センターに設けられた、騎手の宿泊施設。競馬の公正の確保を期し、また心身の調整を図ることを目的として競馬開催の前日に、騎乗予定騎手全員が入室することが原則として義務付けられている。


「た」から始まる用語一覧


ダークホース


 本来は能力のよく分からない馬という意味から出ているが、あわよく勝てば好配当間違いなしという馬、つまり穴馬ということである。競馬用語でありながら現在は競馬場で使われるよりも、一般用語として(とくに選挙などで)よく使われている。





ターフビジョン


 競馬場内に設置され、迫力のある映像で好評の大型映像ディスプレイ装置のこと。写真判定となるような微妙なゴール瞬間のリプレイなどで威力を発揮。 東京競馬場と京都競馬場には、大型の三面マルチ・ターフビジョンが設置されており、高画質で鮮明なハイビジョン対応となり、迫力満点の美しい映像をお楽しみいただけます。


京都競馬場



たいこう(体高)


 馬の背の高さのこと。厳密には、き甲の頂点と地表との垂直距離である。





たいざいけいば(滞在競馬)


 レース当日以前に、あらかじめ当該競馬場に入厩してレースに臨むこと。距離的に美浦あるいは栗東のトレーニング・センターから当日の輸送が不可能なローカル競馬のほかは、輸送に弱くてレースで能力を出せない馬を、早めに入厩させて落ち着かせるために行う場合がある。





だいがえけいば(代替競馬)


 台風や降雪など天災地変等の影響により、全てのレースを取り止めた場合には、開催日を変更して「代替競馬」を行います。
 この場合に、『前日発売』など前売り分の勝馬投票券は全て返還(買戻し)となり、出馬投票をやり直して「代替競馬」を行います。
 しかしながら、前売り分の勝馬投票券が無い(返還すべき勝馬投票券が無い)場合には、そのままの出馬表で「代替競馬」を行うことがあります。





タイムオーバー


 重賞競走、国際招待競走等の競走以外に出走した馬が、第1着馬より下表1の時間を超えて決勝線に到達したとき、翌日から起算して下表2に定める期間平地競走に出走できないこと。ただし、裁決委員がやむを得ないと認めたときは適用されない。
_
〔表1〕 距  離 右2欄に掲げる競走以外
の平地競走 新 馬 競 走 秋季競馬の3歳未勝利競走
芝コースにおいて行う競走 ダートコースにおいて行う競走 芝コースにおいて行う競走 ダートコースにおいて行う競走 芝コースにおいて行う競走 ダートコースにおいて行う競走
1,400m未満 3秒 4秒 4秒 5秒 3秒 4秒
1,400m以上
2,000m未満 4秒 5秒 5秒 6秒
2,000m以上 5秒 6秒 6秒 7秒 4秒 5秒
_
〔表2〕 未勝利馬 タイムオーバー1回目は1ヶ月間、2回目は2ヶ月間、
3回目以上は3ヶ月間
その他の馬 1ヶ月間






ダク





⇒速歩(はやあし)




たた(叩)く


 ふたつ意味があり、ひとつはレース中気合を入れるために馬にムチを入れること。もうひとつは休み明けにレースを使うときに使うが、この場合、仕上がり途上のときに用いることが多い。「休み明けを一度たたく」といったように使われる。





タテめ(目)


 連勝複式の勝馬投票券で1―2、1―3と買ったが、結果は、1が消えて2―3となったような場合の2―3がタテ目で、よく「タテ目をくった」などという。





たねつけ(種付)


 繁殖のために血統や成績のよい牡馬を種牡馬として繁殖牝馬に交配させること。





ためる


 「足をためる」などと使われる。レースの途中でペースを落としてスタミナを温存すること。


⇒息を入れる




たんしょうしき(単勝式)


 1着馬を当てる勝馬投票券で、古くは大正12年から発売されている最も歴史のあるものである。式別が増えた現在、発売シェアは小さいものであるが、競馬は1着を当てる単勝式が本筋であると考えるファンも少なくない。





たんわくしてい(単枠指定)


 9頭立て以上のレースで、1頭あるいは数頭に、特に人気が集中しそうな時、その馬を単枠(1枠1頭)に指定する制度。これは、同枠馬が取り消した場合におこる問題の発生を極力防止するための一措置として競馬法のもとで関連規定を改正して実施しされたが現在は廃止されている。

CR新サーキットの狼

ニューギン(Newgin)から漫画"サーキットの狼"をモチーフにしたパチンコ台が新台で登場。サーキットの狼は1975年から週刊少年ジャンプで連載されスーパーカーブームの火付け役になった漫画で、主人公の風吹裕矢がライバル達とレース対決をするストーリー。CR新サーキットの狼では原作漫画の世界観を忠実に再現。ランクアップボーナスとジャンプアップボーナスを融合させたタイムアタックボーナスを搭載しており、ゲーム中は各種予告演出・リーチアクションで激しいレースバトルが繰り広げられる。
 CR新サーキットの狼のゲーム中の最大のポイントはタイムアタックボーナス。タイムアタックボーナスは同社製CR花の慶次のランクアップボーナスと、同社製CRアン・ルイスと魔法の王国のジャンプアップボーナスを融合したようなボーナスで、消化中は各チェックポイントで目標ラップタイムをクリアすればアタッカーの解放が継続していく。また確変中はグランプリ決勝モードへ突入。グランプリ決勝モードではバトルの相手や車種で期待度が変化し、裕矢がバトルに勝てば大当たりが継続していく。
 さらに盤面上には様々な役物を搭載。ウルフスコープやウルフメーター、ビッグウルフなどの役物が搭載されており、ゲーム中は役物が可動、フラッシュするなど、役物と液晶演出が連動して期待度がアップする。ほかにも潜伏確変の可能性がある狼チャンスやギアがシフトアップしていくステップアップ予告、プレイヤー参加型のチャンスボタン演出など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、原作のライバル達と戦うスーパーリーチなど、多彩なリーチアクションが用意されている。
 本機には大当たり確率の異なるラインナップも用意されており、プレイヤーは好みによってプレイする機種を選択することができる。超美麗なグラフィックや多彩なプレミア演出など、CR新サーキットの狼は原作漫画のファンには見逃せない内容のパチンコ機になっている。

CRスーパー海物語IN沖縄2

三洋物産(SANYO)から2007年に登場したCRスーパー海物語IN沖縄の後継機が新台で登場。今作CRスーパー海物語IN沖縄2ではシリーズ最多のプレミアム演出総数や、シリーズ初のアニメーションラウンド演出を搭載。基本的なゲーム性やモードシステムは前作を受け継ぎながら、新たな要素を取り入れてさらにパワーアップしている。
 CRスーパー海物語IN沖縄2では横スクロール5ラインのゲーム性に3つのモードを搭載。シンプルなゲーム性を楽しめる海モード、マリンちゃんの演出を楽しめるマリンモード、チャンスボタンで泡や魚群が出現する沖縄モードが用意されており、それぞれのモードで異なった発展系演出やステップアップ予告が展開される。また液晶上にはハイビスカスフラッシュ役物を搭載。ハイビスカスが「キュイン」という音と共に様々な場面でフラッシュするなど、ゲーム中は役物と液晶演出が連動して大当たりへの期待度がアップする。
 ほかにも「3・4・1」の図柄停止から発展する2R確変の沖海チャンスやプレイヤー参加型のチャンスボタン演出、大当たりの連続回数に応じてプレミアムで4代目ミスマリンちゃんの実写の動画ムービーが流れる演出など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、チャンス目から発展するワリンチャンスや、マリンちゃんリーチやシーサーリーチなどのスーパーリーチなど、多彩なリーチアクションが用意されている。
 本機には大当たり確率や確変割合の異なるラインナップも用意されており、プレイヤーは好みによってプレイする機種を選択することができる。新しく増えた演出や多彩なプレミア演出など、CRスーパー海物語イン沖縄2は海シリーズファンには見逃せない内容のパチンコ機になっている。

CR決戦・天翔る覇者

西陣(NISHIJIN)から人気ゲーム"決戦"をモチーフにしたパチンコ台が新台で登場。決戦は戦国時代を舞台にしたコーエーのシュミレーションゲーム。CR決戦・天翔る覇者(けっせん・あまかけるはしゃ)では原作ゲームの世界観を忠実に再現。群雄割拠の戦国時代を舞台に設定しており、ゲーム中は各種予告演出・リーチアクションで織田信長や武田信玄を始めとする史実の英雄達が大活躍する。
 CR決戦・天翔る覇者ではモード移行システムを搭載。ゲーム中は2R確変などを契機に閑雲モードや軍議モードなどへ移行。それぞれのモードで異なった発展系演出やミッションモード演出が繰り広げられ、確変や大当たりの期待度がアップする。またバトルスペックを搭載しており、確変中は決戦モードへ突入。決戦モードで勝利すれば大当たりが継続していく。
 さらに盤面上には様々な役物を搭載。決戦ロゴ役物や兜役物、蝶役物が搭載されており、ゲーム中は役物が可動、フラッシュするなど、役物と液晶演出が連動して大当たりの期待度がアップする。ほかにも決戦図柄表示から突入する決戦チャンスや2R確変以上が確定する本能寺図柄予告、プレミアムで大当たり中に登場するフェリペ2世など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、史実に基づいて作られたスーパーリーチなど、多彩なリーチアクションが用意されている。
 本機には大当たり確率の異なるラインナップも用意されており、プレイヤーは好みによってプレイする機種を選択することができる。豊富なモードや多彩なプレミア演出など、CR決戦・天翔る覇者は見所が多いパチンコ機になっている。

CRダイ・ハード 

藤商事(FUJI)からハリウッド映画"ダイ・ハード"をモチーフにしたパチンコ台が新台で登場。ダイ・ハードは1998年に公開されたブルース・ウィリス主演のアクション映画で、主人公がビル内で強盗グループと戦うストーリー。CRダイ・ハードでは原作映画の世界観を忠実に再現。大当たり終了後に限定回転数のみ高確率状態のSTを搭載しており、ゲーム中は各種予告演出・リーチアクションで激しいアクションが繰り広げられる。
 CRダイ・ハードのゲーム中の最大のポイントはST「ダイハードバトル」。ダイハードバトルは70回転のSTで、大当たり終了後に突入。ダイハードバトル中は犯人とのバトルが繰り広げられ、勝利すれば大当たりが継続していく。またモード移行システムを搭載しており、ゲーム中はリーチハズレや2R確変などを契機にダイハードゾーンやスーパーダイハードゾーンへ移行。それぞれのモードで異なった発展系演出が繰り広げられ、確変や大当たりの期待度がアップする。
 さらに盤面上には様々な役物を搭載。ナカトミビル役物や武装ヘリ、7セグ表示機などの役物が搭載されており、ゲーム中は役物が可動、フラッシュするなど、役物と液晶演出が連動して期待度がアップする。ほかにも連チャンが続くと大当たり中に映画のストーリーを楽しめる機能やチャンスボタンを使用するプレイヤー参加型演出など、ゲーム中には多彩な予告演出が待ち受けている。リーチアクションにおいても、映画の実写が登場するスーパーリーチなど、多彩なリーチアクションが用意されている。
 本機には大当たり確率の異なるラインナップも用意されており、プレイヤーは好みによってプレイする機種を選択することができる。映画を再現した動画ムービーや多彩なプレミア演出など、CRダイ・ハードは原作のファンには見逃せない内容のパチンコ機になっている。

「そ」から始まる用語一覧

そうあんじょ(装鞍所)


 競馬の公正確保のために出走馬の馬体検査、蹄鉄の検査、馬の健康状態をチェックする所。また、ここで馬体重の測定も行なわれ、前走と比べて著しい変化があった場合、その原因が調べられる。
 通常のレースでは、出走馬は発走の70分前までにここに入り、各種の検査が終わると、それぞれ指定されたつなぎ馬房に収容され、禁止薬物を使用しないよう監視される。ここでは薬物だけでなく水や飼料も与えることはできない。
 また、農林水産省の競馬監督官、競馬会職員、その競馬に関する調教師、騎手、きゅう務員以外は開催執行委員長の許可がなければ出入りできない。






そうなが(総流)し


 連勝式勝馬投票券の買い方の一種。1レースに1頭の軸(3連複の場合は2頭の軸も可)とする馬を選び、その馬からすべての馬(もしくは枠)に流すやり方である。





そうま(相馬)


 馬格(馬の体型、外観)をみること。相馬には長い経験が必要とされているだけに、簡単に説明できないが、常識的には全体として均整がとれ、骨量に富み、比較的幅のある、しかも品がよく皮膚のうすい感じのものが良馬といわれている。





そうろかんし(走路監視)


 各コーナーに走路監視塔を設置し、各レース毎に走路の確認をし、また、馬場に入場してきた出走馬の動向やレース中の騎乗で斜行や不正または異常な点がないかを監視し、裁決委員に報告することによって裁決委員の業務を補佐する。また、この監視塔から競走をビデオ撮影する業務も行なっている。





そくたいほ(側対歩)


 左前-左後、右前-右後と、同じ側の前後の肢が、それぞれ1組ずつ地面に着いたり、離れたりする歩法。昔行なわれた繋駕速歩競走では、この歩法で歩かなければならなかった。


⇔斜対歩




ソコソコ


 五分以上の勝負になりそうなとき使われる。その馬が勝つまではいかなくとも、見せ場をつくるぐらいに走れそうなとき「ソコソコの勝負はできる」などと使う。また、「アラアラの勝負」も同じ意味である。





ぞっこうけいば(続行競馬)


 台風や降雪など天災地変等の影響により、当日に予定していたレースの半数以上を取り止めた場合には、出馬投票をやり直すとともに、開催日を変更して「続行競馬」を行います。
 この場合は、取り止めたレースの勝馬投票券は全て返還(買戻し)となります。





そとわくはっそう(外枠発走)


 ゲートの当該枠が破損等で使用できなくなった場合や、ゲート内で暴れる癖があって他馬に影響を及ぼすと認められた馬を出走馬の一番外側にまわして発走させること。





ソラをつか(使)う


 馬の癖のひとつで、レースや調教時にふとしたことから馬の気が散り、走ることに集中力を欠くこと。

「せ」から始まる用語一覧


せいさんぼくじょう(生産牧場)


 サラブレッドを生産、育成して、せり市場か、個人の購買に応じて売却することを目的にしている牧場。繁殖用の牝馬を数頭または多数所有して、種牡馬を交配、生まれた仔馬を1歳の秋ごろまで育てるのが普通だが、オーナーブリーダーといって、馬主が牧場を持ち、生産した馬を自分で出走させる場合もある。





せったる


 背中の線がたるんでいる馬のこと。軽度のものは能力には影響ない。競走馬にも稀にある。





せ(攻)めうま(馬)


 馬の調教のこと。競走馬は攻め馬によってコンディションを仕上げ、レースに臨む。この攻め馬の状態如何は、勝馬検討の重大なポイントになる。攻め馬は毎日行われるが、最後の仕上げは水曜日や木曜日に行なわれ、これを一般に追い切りという。


⇒追い切り




せり


 馬の売買形態の一つで、公開で買い手にせらせて売買する方式。
 売り手は最も高い価格を提示した買い手に売却するが、その価格が売り手の希望価格に達しない場合や、上場馬に対し声がかからなかった時は「主取り」となり売り主本人が引き取ることになる。
 現在出走しているJRA育成馬は、JRAが各生産地で開催される軽種馬の市場で購買・育成した後、馬主に売却した競走馬である。(平成15年より抽せん馬からJRA育成馬に名称変更)






ぜんこく(全国)サラブレッドけいばきょうかい(競馬協会)





⇒エヌ・ティー・アール・エー




ぜんこくはつばい(全国発売)


 中央競馬会では平成15年9月13日から全国の競馬場およびウインズ(一部を除く)で当日に開催する全レースの発売を行いファンに楽しんでもらうようにしている。最大で3競馬場の36レース、ただし前日発売レースがある場合はこれに加えて発売される。





ぜんじつはつばい(前日発売)


 通常、日曜日行われるレースの勝馬投票券を前日の土曜日から発売すること。
前日発売となるレースは、平地の重賞レースで、冬季期間(1月~3月下旬頃)を除いた通年に行われる。
※冬季期間(1月~3月下旬)は、降雪等による馬場変更の可能性があるため、GIレース以外の前日発売は行っていない。





せんば(馬)


 去勢された馬のことである。競走能力はあるのだが非常に気が悪く、反抗的で成績の上がらない牡馬は、去勢すると性質も従順になって成績も上がることがある。





せんつう(疝痛)


 馬の腹痛を伴う病気を総称していう。疝痛には便秘疝、風気疝、変位疝などがある。
 (1)馬は解剖学的に、胃の容積が小さく、胃の噴門の構造上嘔吐することができない。(2)腸管が長いので固定されにくく、腸の位置が変わりやすい。(3)腸管の太い部分と狭い部分があるため、内容物がたまりやすいなど疝痛を起こしやすい構造をしている。腸管等に原因があるほか、飼養管理ミスや運動不足でも発症する。特に、変位疝(腸捻転など)は致命的である。





ぜんめいしょう(喘鳴症)


 ノドナリともいわれる。喉頭部を支配する神経が麻痺し、喉頭口が狭くなって、呼吸のたびに「ヒュウ、ヒュウ」、「ゼイゼイ」と音を発する病気である。馬は全力疾走の時、多量の空気を必要とするが、喘鳴症になると充分な呼吸ができず、競走能力に影響をきたす。治療法としては外科手術が行なわれる。





せんもう(旋毛)


 馬のつむじのこと。馬の被毛は直立して生えないで傾斜して生えるために、体表にいわゆる毛流ができて、その起始部や終止部がうず巻き状に巻き込んで、左回りまたは右回りに流れを作るか、また左と右、上と下など反対方向からきた毛流がぶつかり合って毛が立ってくるために生ずるものが旋毛である。できる場所によって呼び名が違う。
 わが国では馬体各部の旋毛を個体鑑別に利用している。


「す」から始まる用語一覧


すえあし(末脚)


 ゴール前での馬の伸び脚のこと。一般的にゴール前で鋭く伸びる馬を“末脚の切れる馬”その逆にゴール前での粘りに欠ける馬を“末脚が甘い馬”などという表現を用いる。





スタミナ・インデックス


 種牡馬の産駒の平均勝ち距離のことで、短距離戦主体の3歳レースと障害レースを除いて計算される。その結果、その種牡馬の産駒の距離に対する適応性を判別することができる。
 しかし、産駒に資質を伝えるということでは、母馬にも50%の要素があり、スタミナ・インデックスが全ての産駒に順応するとはいえない。





ステイヤー


 スタミナ豊富で、長距離レースの得意な馬のこと。ふつう2400メートル以上の距離に強い馬を呼ぶ。





ステークス


 本来のステークスは馬主どうしが賞金を拠出して、その賞金を取り合うレースのこと。現在、本賞金は全部主催者の日本中央競馬会が出しているので、登録料を付加賞として1着から3着まで7・2・1の割合で配分する形で残っている。最近は外国でも純粋のステークスは非常に少なくなっている。特別登録料のある競走は一応全部ステークスで、ほとんどの特別競走がステークス制をとっていると解釈してもよいであろう。なお地方競馬では特別でもステークス制は許されていない。





スパーピン


 飛節内腫の俗称であり、飛節の前内側に骨瘤が発生する関節炎である。関節を構成する骨が完全に化骨していない若馬に無理な調教をさせると発症しやすい。古馬でも飛節の曲がった馬や歩行時に飛節を捻転する馬に発症することがある。





ズブい


 エンジンのかかりの遅い馬で、道中騎手が追っつけどうしでないと追走に苦労するような馬のこと。ペースの速い短距離戦には不向きである。また古馬になるにつれてズブさがでてくる馬も多い。





スプリンター


 スピードを身上とし、短距離レースの得意な馬のこと。ふつう1600メートル未満の距離に強い馬を呼ぶ。

「し」から始まる用語一覧



シー・エー・ティー・ヴイ(CATV)


 有線テレビのことで、ケーブルテレビともいう。特定のエリア内に、有線でテレビ放送を分配するシステム、大きな伝送能力をもつことから、多数のチャンネルを確保でき、テレビ放送の再送信以外にも、CATV独自の各種サービスを行なうことができ、全国各地のケーブルテレビ局では競馬専門チャンネル(グリーンチャンネル)を視聴することができる。





ジェイ・アール・エイ(JRA)


 日本中央競馬会が昭和62年4月に新しく制定した同会の略称。ジャパン・レーシング・アソシエーションの頭文字を取ったものである。





ジェイ・アール・エイ カード(JRAカード)


 競馬場の指定席を電話で事前に予約出来るシステムを「指定席電話予約システム」という。予約の際に必要なカードが、「JRAカード」である。「指定席電話予約システム」を称して「JRAカード予約」、「JRAカードシステム」ということもある。なお、電話予約が可能な競馬場は、新潟競馬場(夏季開催のみ)、中山競馬場、東京競馬場、京都競馬場、阪神競馬場であり、予約できる指定席の席種は競馬場によって異なる。電話予約は、行きたい日の2週間前から予約が可能で、1週間前には当選結果が分かる。事前に予約が可能ため、早朝から購入のために競馬場に並ぶ必要がなく、また、使った分だけ楽しめる「JRAカード・ポイントプログラム」も用意している。

JRAカードの入会申し込みはこちらから。





ジェイ・アール・エイ プラステン(JRAプラス10)


 「2号給付金」の通称。通常の払戻金が「100円元返し」となる場合に、10円を上乗せして110円で払戻しするもの。ただし、特定の馬番号、組番号に人気が著しく集中した場合には競馬法の規定により「100円元返し」となることがある。平成20年度より全てのレース・全ての投票法(賭式)が対象となる。

更に詳しい内容は、「JRAプレミアム・JRAプラス10」サイトへ。





ジェイ・アール・エイ プレミアム(JRAプレミアム)


 「1号給付金」の通称。対象レースにおいて、通常の払戻金に「売り上げの5%相当額」を上乗せして払い戻しするもの。例えば、ウオッカが優勝した2007年の日本ダービーでは3連単の払戻金は2,155,760円であったが、これが「JRAプレミアムレース」だったとすると2,301,810円と、14万円以上も払戻しが多くなり、アップ率は約6.8%となる。
平成21年度(2009年度)の対象レース、
1月4日(日):中山金杯
1月5日(月):京都金杯
5月3日(祝・日):天皇賞(春)
8月23日(日):札幌記念
11月1日(日):天皇賞(秋)
12月6日(日):ジャパンカップダート
※すべての投票法(賭式)が対象

更に詳しい内容は、「JRAプレミアム・JRAプラス10」サイトへ。





しか(仕掛)ける


 レース中、いよいよ勝負どころと判断した騎手が、馬に気合を入れてスパートすること。「仕掛けるのが早かった」などという。また調教では、馬なりでまわってきてゴール前で軽く気合をつけることを、仕掛けるという。





したしば(舌縛)り


 銜(はみ)吊りなどを用いても銜を越して舌を出す(「舌を越す」という)癖を直すことができない馬に使用します。この方法は、レースの際に舌を引っ込めて(気管を防いで)しまう癖がある馬やDDSP(軟口蓋背方変位)という疾病を発症しやすい馬にも有効です。適度に幅の広い包帯が多く用いられています。舌を大きく動かすことができず、馬に苦痛を与えるようにも思えますが、実際はそれほど苦痛を与えるものではありません。






したの(下乗)り


 修業中の騎手のことで、免許はとっていても経験が浅く、技術未熟の騎手を呼ぶ場合に使っている。





したみじょ(下見所)





⇒パドック




しっかく(失格)


 入線した順位が取り消されて着を失うこと。加害馬の走行妨害により被害馬が競走を中止(落馬等)した場合、走路外逸走または落馬したときにその地点に引き返さないでレースを継続した場合、定められた時間を超えて入線した場合、負担重量の過不足(前検量と後検量の差が1kg超過)、その他、禁止薬物の使用、不正協定の実行等が失格事由として定められている。
 なお、競走から5年以内に禁止薬物の使用、不正協定の実行が判明した場合には、当該馬は失格となるが、投票券上は変更されない。





していこうりゅうきょうそう(指定交流競走)


 地方競馬や外国の競馬に所属している馬や騎手を招待して行なう競走。





しま(肢巻)き





⇒バンデージ




しゃがんかく(遮眼革)


⇒ブリンカー





しゃこう(斜行)


 競走中、馬が斜めに走ること。騎手が注意義務を怠ったものと認められ、他馬の走行に影響を及ぼした場合には制裁を科される。





しゃたいほ(斜対歩)


 ふつう、競走馬の速歩は、斜対歩といって左前-右後、右前-左後と対角線に結ばれた2本の肢がそれぞれ1組ずつ地面に着いたり、離れたりする歩法で歩く。





シャドーロール


 頭絡の鼻革にボア状のものを装着したものです。芝の切れ目や物の影などに驚く馬に対し、下方を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられます。また、競走中に頭を上げる癖のある馬に使用することによって、頭を下げさせ、馬を御しやすくする効果を期待して用いられることもあります。






しゅうけいばいいんかいぜんこくきょうかい(州競馬委員会全国協会)





⇒エイ・アール・シー・アイ




じゆうこうばいば(自由購買馬)


 抽せんによって購入馬が決定する“抽せん馬”に対して、馬主が自分で買ってきた馬をいう。戦前は自由購買のサラブレッドを呼馬と呼び、抽せんによるサラブレッドを角抽(カクチュウ)と呼んだ。





じゅうしょうきょうそう(重賞競走)


 特別競走の中でも特に賞金が高額で、重要な意義をもったレース。賞金や歴史と伝統・競走内容等により格付けされている。


⇒グレード制




しゅうへき(習癖)


 馬の馬房内または運動時の忌むべき様々な癖の総称であり、略語ので表されているものなど。調教や飼養管理面で矯正を行なう必要がある。





しゅうへき(蹴癖)


 人や他の馬を蹴る癖である。蹴癖馬は人馬に危険を及ぼすため、厩舎では目印として尾に赤い布をつけ危険防止に努めている。





襲歩 (しゅうほ)


 駈歩からさらに歩行速度を速めると、襲歩と呼ばれる歩法に変わる。
襲歩は競馬などで馬が疾走しているときにみられる歩法で、速度は最も速い。襲歩は、後肢と前肢の着地点をなるべく離し、脊椎の伸展を利用して歩幅を伸ばすための歩法である。普通に襲歩といった場合は交叉襲歩をさす。襲歩は駈歩同様、左右の肢が非対称的に動き、一完歩に一回、四肢が宙に浮く瞬間が存在する。襲歩と駈歩との運歩上の相違点は、駈歩では最大三肢が着地している瞬間が存在するのに対し、襲歩では同時に着地するのは二肢までというところにある。この結果、襲歩では歩幅が駈歩より広くなり、それにともない速度も速くなる。


=ギャロップ




しゅっそうていし(出走停止)


 競走の公正を確保するため、馬が次の各項に当たる時は期間を定めて、その馬の出走を停止する。
(1)競走において他の馬に危害を及ぼすおそれがあるとき。
(2)調教が十分でないとき。
(3)健康に支障があるとき。
(4)一時的に能力を高めまたは減ずる薬品、薬剤を使用したとき。
(5)競走に関し不正な協定の実行その他不正な目的に供せられるおそれのあるとき。





しゅっそうとりけし(出走取消)


 出馬投票後、装鞍所入所までの間に出走予定馬が急な疾病などの理由により、裁決委員の許可を受けて出走を取りやめること。





しゅつばとうひょう(出馬投票)


 出走するための最終的な申し込みのこと。通常はレース2日前の午後15時に締め切られる。





しゅぼば(種牡馬)


 父馬のことで、より速く、強い馬を作り出すために競走成績のすぐれた馬、血統のよい馬が選定される。


⇔繁殖牝馬




しゅもく(珠目)


 額にある旋毛のこと。眼の上線と下線の間にあるものを珠目正、それより上なら珠目上、下なら珠目下という。





じゅん(準)サラ


 アラブ血量が25%以下のものはアラブ系種としての資格がなく、準サラとなる。計算例としては、サラとアラブを交配してできた馬はアラブ血量50%、さらにこれにサラを交配すると25%、またこれにサラを交配すると12.5%となり、25%以下なので準サラとなり、アラブ系競走には出走できない。しかし昭和49年6月1日の登録規程の改正により、準サラはサラ系となり、準サラという品種は廃止された。
 またこの改正により、サラ系(含む準サラ)に連続8代サラブレッドを交配して生まれたものはサラブレッドとする、ということになった。





しょうがい(障害)





⇒障害競走




じょうがいかちうまとうひょうけんはつばいしょ(場外勝馬投票券発売所)


 最初は戦後の交通難で競馬場へ行くことのできないファンのために発足したが、今ではファンにとって欠くことのできないレクリエーションの場になっている。2007年現在、場外勝馬投票券発売所は全国に41ヵ所(エクセル、場外含む)あり、昭和62年4月から、ファンにより親しみやすくするためにWINSという愛称を制定した。


WINS汐留
⇒WINS




しょうがいきょうそう(障害競走)


 障害競走とは、コース中に設置されたいくつかの障害物を越えて、いかに早くゴールに到達するかを競うレースで、その障害物には、竹柵、生籬〔いけがき〕、水濠、土塁等がある。
 障害競走はもともとチューダー朝時代の雁狩りとジェームズ一世時代のハンティング・マッチから生まれたもので、記録上最古のレースは1725年アイルランドで行なわれた。そして1839年に生まれたグランド・ナショナル障害競走(英・エントリー競馬場)は、現在、世界で最も名誉ある、かつハードなレースとして有名である。日本でもこのグランド・ナショナル障害競走に範をとって中山大障害競走が昭和9年に創設された。これは当時の中山競馬倶楽部の理事長、肥田金一郎の、“東京競馬倶楽部の東京優駿大競走(現在の東京優駿=日本ダービー)に対抗できる大競走を中山競馬場に創設したい”という意図から生まれたもので、中山競馬場に起伏に富んだ障害専用コースを作るのにおよそ2年の歳月を費やした。
 現在、中央競馬では、札幌、函館を除く8つの競馬場で障害レースが行なわれており、中山、東京、京都、阪神の4つの競馬場では春、秋と各2回、小倉、新潟で夏に各1回、計年10回の重賞レースが組まれている。






しょうきゅうせん(昇級戦)


 前走を勝ってクラスがひとつあがった初戦のこと。「昇級戦にしては好走した」などという。「格上げ初戦」ともいう。





じょうけん(条件)レース


 条件のつけられているレースをいうが、ふつう、未勝利戦とか、特別レースはそう呼ばない。3歳(4歳)上500万下、3歳(4歳)上1000万下、3歳(4歳)上1600万下といったレースのことである。





じょうない(場内)テレビ


 競馬場内で、レース実況やパドック中継などの映像やオッズなどデータを放映しているもの。





しょうぶてつ(勝負鉄)


 競走用蹄鉄のこと。


⇒蹄鉄




しょうぶふく(勝負服)


 騎手がレースに騎乗する際に着用する服。デザインは馬主ごとに決められている。







しろげ(白毛)


 この毛色の発現はサラブレッドでは十分解明されていない。、この毛色の産駒は白色またはほとんど白色で生まれるが、眼には色素があり、ピンク色の皮膚の一部に有色の斑点があることから、いわゆるアルビノではない。






しろはた(白旗)


 スタートの時、ゲートの前方200メートルの地点に立っている人が持っている旗。発走委員が真正な発走でないと認めた場合に振る赤旗を受けて、この白旗を大きく左右に振る。これをカンパイ(スタートやり直し)といい、各騎手はこの合図を見て馬を止める。






しんぎ(審議)


 裁決委員が競走中に走行妨害の可能性があると判断した場合、落馬、蹉跌、競走中止等で他馬との因果関係を明確に判断することが困難である場合、走行妨害の申立てがあった場合、また競走後の検量により着順変更(失格)の可能性があると認めた場合に、着順掲示板に「審」の文字と青ランプを点灯する。



⇒青ランプ





シンジケート


 競馬の世界では主に種牡馬について組織される株主の集まりのことで、1頭の種牡馬を数十株に分けて分配し、その保有株数に応じて種付けの権利を得る。通常、組まれる株数は40株~60株で、1株につき1頭分の種付け権利をもつ。





しんじょうきん(進上金)


 賞金を得た馬主が、その中からその都度関係者に支払う金のこと。調教師には獲得賞金の10%、騎手、厩務員には5%ずつ(障害競走に限って騎手は7%)支払うのが普通。





しんば(新馬)


 未出走の2・3歳馬で、新馬戦の出走資格を持つ馬。戦前は初めて競走におろすものを新馬といった。





しんばせん(新馬戦)


 サラブレッド系馬のデビュー戦のこと。新馬戦に勝てば次のクラスに進み、勝てなかった馬は未勝利戦で戦うことになる。2003年6月より、新馬競走に、すでに出走したことのある馬は出走できないこととなり、新馬競走は初出走馬のみの競走となった。新馬戦は夏の2歳戦開始と同時に始まり、3歳春の3月頃まで行なわれている。





しんぼうさいどう(心房細動)


 心臓の刺激伝導系に異常を来し、一時的に規則正しいリズムを失う心臓発作の一種である。健康な馬であっても突如として発症するため、発症を予測することは難しい。レース中に発症すると影響は大きく、急激にスピードは低下する。ほとんどの例は、一時的なものであり、特に治療を行なわなくても治癒することが多い。


RSS
相互リンク


FX投資


ゲームの達人


komomo日記


国内外旅行の総合サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新記事
プロフィール

nitsukei

Author:nitsukei
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
楽天
ランキング
人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DTI
Ranking
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。